『立山連峰を眺めるイエ』

目の前の主屋は平屋だが、存在感のある寄棟屋根がそそり立つ。

東側の眺望を確保するために敷地目いっぱい北側に建物を寄せました。

それだけでなく北面の壁を455だけ斜めに広げてTVボード横にも窓を設けて外への“抜け”を確保しました(写真3,4)。ちょっとした工夫ではあるが斜め壁により外への広がりへとつながるのです。

残念なのはいちばん見えるのがお隣のドラッグストアの看板であったことだ。。

【現場レポートログ】

1.外観
2.玄関ホール
3.階段室
4.居間食堂
5.居間
6.居間食堂